中古車販売店と買取専門店にはどのような違いがあるか

中古車を取り扱う店には、中古車販売店と買取専門店がありますが、これらは全然違う性質の店なので、特徴をおさえてからどちらを利用するか決める必要があります。



中古車販売店と買取専門店のもっとも大きな違いは、後者が文字通り車両の買取のみを行っているのに対して、前者は買取だけでなく販売も行っているということです。


車を売却したい場合に両方の店舗を比較すると、買取専門店では利用する店舗によっては事故車や廃車にする車両も現金化することができますが、中古車販売店では基本的に自走可能な車両しか買い取ってくれません。

売却価格については、買取専門店の方が販売店より高くなる傾向にありますが、あくまで傾向であり、専門スタッフによる査定で価格が決まるため、対象が事故車でない限り販売店と買取店で決定的に差がでるわけではありません。

産経ニュース情報が満載です。

一方で、車の買い替えをする場合だと、断然中古車販売店の方が買取専門店より便利といえるでしょう。


販売店の場合、その店で取り扱っている車両を購入するのであれば、下取りの手続きと購入の手続きをいっぺんに行うことができ、オートローンを扱っていればその申し込みもでき、ワンストップで買い替えを完了させることができます。
これに対して、買取専門店を利用すると、新しい車両を購入する店をどこにするかも一緒に考えておかなければ、買い替えの手続きをスムーズにすすめることはできません。



費用面のことを細かく考えていないのであれば、欲しい車を取り扱っている販売店を利用すると良いでしょう。