中古車への愛着度で決まる

中古車には当たりはずれがあるかもしれません。

前所有者がどのような理由で手放したのかを知ることができるとありがたいのですが、それを知るすべはありません。

単純に買い替えのために手放した、何か気に入らないところがあって手放して、経済的な理由で手放した、転勤のために不要になり手放したなど、いろいろな事情があることでしょう。

その中で恐れるのは、故障が多発するから手放したというパターンです。



外車の中古車にこの可能性が多いイメージがありますが、国産車でも個体差があって、どういうわけだか故障が頻発するクルマというのはあるものです。

何人もの人が乗り継いできたような中古車の場合、運転の仕方がそれぞれに違うために、クルマに大きな負担がかかってしまっていることも少なくありません。

このようなリスクがあることを踏まえた上で中古車を購入することになるわけですが、少しでもこのリスクを避けるためにも、信頼できる販売店で購入すること、長い保証期間がついていること、整備手帳がしっかり備わっていることなどが大切です。



それでも故障が続くような場合は、残念ながら手放すしかないでしょう。



故障のストレスを抱えながら乗り続けるのは大変なことですし、費用もばかにできません。
ただ、このような難しいクルマほど愛着が湧いてしまうということもあるので不思議なものです。

もしそのクルマを心から気に入っていれば、故障してもなんとかしようという気持ちになるものです。

最後は、そのクルマに対する愛着度で決まるということかもしれません。